タトゥーの除去方法をご紹介!

タトゥーや入れ墨を除去する方法


ファッション感覚で気軽に入れ墨やタトゥーを入れる人が多くなりました。なお入れ墨は刺青とも書きます。入れた入れ墨やタトゥーを除去したいという人も多いです。
3分の1の人が除去したいと思っているという調査結果もあります。除去する方法はあります。跡をほとんど残さずに消す方法もあります。

 

タトゥー除去・消す!おすすめレーザー治療のクリニックはこちら

いちばん跡が残りにくい、また手軽なのはレーザー治療です。専用のレーザーを照射して染料を破壊します。レーザーと相性が良い黒い墨なら薄くなりやすいです。他の染料も何回か照射しているうちに薄くなって、ほとんど消えてしいまいます。
レーザー治療の際の痛みについては痛いです。また、治療費は高額になります。ですが、気になっている入れ墨やタトゥーが薄くなるのですから、思いきって治療を受けましょう。

 

レーザー治療の他の治療方に関しては、切除法や植皮法などがあります。治療する部分の皮膚を切り取って、周りの皮膚を縫い縮めるというものが切除法です。
治療する部分の皮膚を切り取る、もしくは削り取って、太腿などの皮膚を移植するというものが植皮法です。メッシュ植皮術と呼ばれるメッシャーという機械でメッシュ状に加工するものなら、生着率が非常に高いです。

 

この他、削皮法という入れている墨を皮膚から削り取る効果的な方法もあります。大きなタトゥーもこの方法なら跡をほとんど残さずに消すことができます。なおこの方法をとるにあたって高度な技術が必要になります。

 

公式ページ

中央クリニックの入れ墨の除去

中央クリニックでは刺青やタトゥーを除去するために、メスを使って皮膚を大きく切除するのではなく、レーザーを使った施術を行ってもらえます。
皮膚にレーザーを照射する事によって、熱に反応した入れ墨の色素を少しずつ壊していき、色素分子が自然と体外へ排出されるという安全性で評価が高いです。
大きな傷を皮膚に残す事もありませんから、傷跡を誰かに見られないか不安だという人も、中央クリニックの施術を頼る事が増えてきています。

 

タトゥー除去・消す!おすすめレーザー治療のクリニックはこちら
中央クリニックのレーザーを使った手術は、刺青やタトゥーの色合いの濃さによって、照射する回数が違ってきます。
あまり色合いが濃くない入れ墨であれば、数回の施術で綺麗に消す事もありますから、まずはカウンセリングで皮膚の状態を確認してみる事が重要です。

 

レーザーを使った治療では、どうしても皮膚が白っぽくなってしまったり、水ぶくれなどが出来てしまう場合もあります。
それは手術の後遺症などではなく、皮膚が再生するためのサイクルの一部ですから、短期間で皮膚の状態は改善されると考えてください。
綺麗に入れ墨を除去できるという点で、中央クリニックの技術力は注目されており、最新のレーザー照射機器を使っているところも好評な点の一つです。

 

皮膚に熱も残りにくいために、いつまでも火傷のような痛みに悩まされる事もありませんから、痛みが苦手という人でも手術を行う事ができます。
軟膏の処方なども行ってもらえて、アフターケアも丁寧だという点でも中央クリニックは好評です。

 

公式ページ

入れ墨やタトゥーを入れた人はどれくらい割合で後悔してるか

若さの勢いで入れ墨、刺青やタトゥーなどを入れて、年を取ってから後悔する人が多くいます。

 

タトゥー除去・消す!おすすめレーザー治療のクリニックはこちら

海外はファッションで入れ墨などを入れることが多く、社会的にもファッション性が認知されている面が多く、支障はありません。
しかし、日本では入れ墨を入れることにより、銭湯や温泉施設など公衆の面前で入れ墨などが見えてしまうところは入場が制限されることが多かったり、就きたい仕事に就くことが出来なかったりと、不便なことがとてもたくさんあります。

 

テレビ放送においても、入れ墨などを入れている人は画面上に出演することが出来なかったり、どうしても出演しなければならない場合は、見えないように隠れる服装やその部分に絆創膏や包帯などを巻いて、見えない状態での出演しか出来なかったり、モザイクがかけられたりしてしまいます。
このように、入れ墨、刺青、タトゥーなどを入れることにより、自分の行動範囲が狭められてしまうため、若さの勢いで入れてしまった人たちは半分以上の割合で後悔しています。

 

一度入れてしまったものは、完全に元に戻すことはできません。皮膚を移植したり、重ね刺青などで消す人たちもいますが、タトゥーなどがほとんど見えなくなったり、見えずらくなるだけで、根本的に消すことはできません。
入れるときには、一生涯消さないつもりでファッション性を重視したものを入れますが、日本社会での不便さを感じることで、多くの人たちが後悔して消そうと試みる人が多くなっています。

 

公式ページ

入れ墨やタトゥーを除去した人の口コミ

 

 

20歳のときに友人に誘われて入れ墨やタトゥーを入れましたが、就職のときに不利になると思い、除去をしました。
入れ墨やタトゥーを消すのは入れるのよりも大変で、結構痛いです。口コミで評価が高いショップに行って除去したのですが、それでも少し痛かったです。
刺青などは日本ではまだまだ受け入れられていない文化で、温泉やプールなどの公共施設にも入れなくなるのであまり興味本位で入れない方が良いです。
自分はもう入れないです。


 

 

 

18歳の時に、太ももに蝶の入れ墨を入れました。
若気の至りという言葉がぴったりの行動で、自分ではタトゥーはかっこいいと思っていたものの、両親からは勘当されてしまうという過ちを犯しました。
父から許しをもらうことなく肺がんでこの世を去られてしまい、申し訳なさで一杯になったので美容皮膚科で入れ墨除去の治療を行ない、消すことにしました。
口コミを見る限り完全に消すのは難しいを言われていましたが、私が受けたレーザー処置では、10回の治療でまったく跡も残ることなく消えてよかったです。


 

公式ページ

更新履歴